ナッツ 太る

ナッツ 太る
地球上ではナッツ類を主食にしている国や民族がいます、アフリカや南米では主食や副菜もナッツ類ということは珍しくありませんが、太っている方は少ないです。ナッツを単体で摂取する事により太るのではなく、摂り方によって様々のようです。

ナッツ類は資質を多く含みますので高カロリーですが、食事の一部として食べる場合は高カロリーで太りやすくなる訳でもなくむしろ効率的にエネルギーを補充できるます。

摂取する際は食事を含めたトータルのカロリーが多すぎなければ、ナッツ類を多く摂っても問題はありません。ナッツは脂肪分が多くて太りそうというイメージが強いですが食べ方次第ではいろいろな効果を得ることも出来ます。

しかし、食べ過ぎには注意しましょう。ナッツは良質な素材ですが食べ過ぎてしまうと太る原因にもなります。

ナッツは脂質というのは健康の為に摂っておいた方が良い脂質です。ナッツに含まれるオレイン酸は悪玉コレステロールを取り除く働きがあります。

ナッツにはビタミンB1やB2が含まれていますので脂質の代謝を促す効果がありますのでナッツを食べると太るとは言えないでしょう。しかし、食べ過ぎは太る原因になってしまいますので適量食べる事が大切です。

ナッツを食べる際太らない量はアーモンドなら一日25粒、ピスタチオ43粒、くるみ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツの場合はそれぞれ25グラムがおすすめです。

そして子供は大人と同じ量食べてしまうと太り過ぎになってしまうので、子供の手の平1杯分を目安にしましょう。しっかり噛んで食べることで脳が活性化されあごも丈夫に発達します。

アーモンドの約半分は油です身体に良い油とはいえ食べ過ぎは太る原因にもなってしまいます。アーモンド100グラムで、一日の油脂の必要量を超えてしまいますので注意してください。

一日も目安摂取量は28グラム、これで163カロリーです。ナッツ類はとても栄養がありますが摂り過ぎには注意しましょう。ナッツはとても健康に良い食物なので分量を考えて摂取するととても良いと思います。