ナッツの食前と食後

ナッツの食前と食後
ナッツの効果的な食べ方として、まずとても大切なことは食べ過ぎはかえって逆効果になってしまうということです。

効果的な食べ方は一日にアーモンドなら25粒ピスタチオなら43粒、くるみ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツなどそれぞれ25グラム程度を目安として摂取すると良いでしょう。

食後30分から食後1時間半ぐらいの間が、抵糖化作用に最も適しています。ダイエット目的であれば口寂しいときのおやつ代わりにするのもおすすめです。

エイジングケアのためにタンパク質を吸収しやすくする牛乳と一緒に摂取したり、カルシウムを摂取する場合小魚を摂取しても良いと思います。

天然のサプリメントと呼ばれるほどナッツには沢山の栄養があります。体に良いと言われる良質な植物性脂肪をはじめ様々なミネラル、ビタミンなど食物繊維を豊富に含んでいます。

血液中の悪玉コレステロールを下げ動脈硬化や親族疾患の予防にもなります。そして疲労回復などにも役立ちます。ナッツは太りやすいというイメージがありますが、ナッツに含まれる脂肪は体に良いとされている不飽和脂肪酸があります。これらは主に魚や植物油に多く含まれています。

血液中の中性脂肪などコレステロールを下げる働きがあります。更に少しの量で満足感が得る事が出来ます。

腹持ちもとても良いので結果として間食も減り、不飽和脂肪酸の効果のより食後しばらくの間は血糖値を安定させる働きがあります。そして体が脂肪を蓄えようとするのではなく、燃焼しようと働きます。

食物繊維もとても豊富なためカロリーや脂肪の吸収を抑えてくれるのでダイエットにはぴったりでしょう。

ナッツは一日手のひら一杯分を目安に摂取すると良いと思います。朝食の際に食べたり、間食としてなど毎日少しずつ食べる事を習慣付ける事もとても大切です。食塩や油で調理されていないものを選ぶようにしましょう。健康や美容にも沢山の効果があるナッツを是非試してみて効果を実感してみて下さい。