ナッツ 栄養について

ナッツ 栄養について
ピーナッツやアーモンド、カシューナッツなどを代表するナッツ類は、栄養価が高い食品の一つです。

良質のたんぱく質を20%前後含まれているほか、悪玉コレステロールをへらして、そして善玉コレステロール増やすことによって、動脈硬化などを予防するオレイン酸やリノール酸などといった不飽和脂肪酸が主体となる脂肪が50%前後含まれています。

ナッツ類の脂質の中に豊富に含まれているレシチンは痴呆症などの予防に役立つ栄養分です。同じくナッツ類の脂質の中に多く含まれているバルミトオレイン酸は、脳などの血管を丈夫にしてくれる働きがあるようです。

バルミトオレイン酸は、とくにくるみの中に多く含まれています。ほかに、ナッツ類の中に多く含まれているビタミンEは、とても強力な抗酸化作用があり、血液をサラサラにして動脈硬化などを予防したり、老化の予防やがんにも効果があるようです。

ナッツ類ならばどのナッツ類にもビタミンEが多く含まれていますが、その中でも飛び抜けてビタミンEが多く含まれているものは、アーモンドです。

ピーナッツの薄い皮の中には、多くのポリフェノールが含まれており、とても強力な抗酸化作用で、動脈硬化などの予防に役立ちます。ですので皮はむかないでそのまま食べる方がよいでしょう。

ほかに、ナッツ類の中には、糖尿病や高指血症、動脈硬化などの予防や改善に有効なビタミンBが含まれています。

ほかにも、骨を丈夫にしまして骨粗しょう症などを予防するために役立つカルシウムや、貧血の予防に役立ちます鉄、骨格や皮膚の維持に大切な亜鉛、便秘の予防や改善やコレステロールの呼吸抑制に働く食物繊維などもナッツ類の中には含まれています。

少しの量でバランスが良く栄養が摂取することができる、とても優秀な食品です。疲れ気味の人や貧血気味の人やストレスがたまっている人など、ぜひ食べてみてください。

ピーナッツなどは、殻付きのものの方がよいです。ほかに、まとめ買いはNGです。それは、せっかく良質だった資質が酸化をしてしまって、劣化をしてしまうためです。

殻付きの方がよいというのは、殻付きの方が参加する速度が遅いということです。