ナッツの食物繊維について

ナッツの食物繊維について
食物繊維には様々な野菜やフルーツ、豆、ナッツ、植物、穀物などに含まれています。食物繊維は二種類存在します。水に溶けやすい水溶性のものと、水に溶けづらい不溶性の二種類があります。水溶性の食物繊維とは炭水化物や糖類で構成されています。

フルーツや豆に多く含まれており水溶性食物繊維を食べると、胃や腸の中で溶けゼリー状になりゆっくり降りてきます。そしてほかの食べ物の吸収や消化を穏やかにする効果があります。その結果、腸管からの急激な血糖値やLDLコレステロールの吸収を抑えてくれます。

適量の水溶性植物繊維の摂取により虚血性心疾患や脳卒中のリスクを摂取しなかった時よりもかなり減らす事が出来ます。血糖値の維持にも効果があります。

不溶性の食物繊維は植物の細胞壁に含まれているセルロースから形成されています。小麦やライ麦などの穀物に含まれています。不溶性食物繊維を食べると胃や腸で消化されることがなく、そのまま形を維持しながら腸管を降り便を形成する役割をします。

不溶性食物繊維の摂取により便秘や下痢などの改善が報告されています。ナッツには、ルテリオン、ケルセチン、ルチンなどの他種類のフラボノイドを含んでいます。

フラボノイドには炎症を抑える作用、抵酸化作用ガン細胞の増殖を抑える作用などさまざまな有益作用があります。アメリカの政府機関がナッツの予防効果を認めました。

毎日の食事の中にいろいろなナッツを取り入れると良いでしょう。毎朝のトーストに付けるバターをピーナッツバターに変えるだけでも血管病の予防になります。

ただし、食べる量には注意が必要です。ナッツ類は一般的に半分以上が脂質なので食べ過ぎてしまうと、余分なエネルギーを取る事になってしまい肥満に繋がります。

一日に量を決めて摂取するように心がけましょう。ナッツは健康にとても良く栄養がとてもありますので是非試してみて下さい。これらナッツの心血管病の予防効果はとても高く健康な食品です。