ナッツ アレルギーについて

ナッツ アレルギーについて
ナッツ類はアナフィラキシーショックなどを起こしてしまう頻度が非常に高いアレルゲンです。ナッツ類は、パンや菓子類のほかに和え物や揚げ衣などいろいろな食品に使用されています。

症状は蕁麻疹、口腔アレルギー症候群、アナフィラキシーショックなどがあり、ナッツ類に対するアレルギーは寛解されにくいと言われています。

ナッツ類は、ヒスタミン遊離物質などを含む物もあり、かゆみや偏頭痛などの症状を引き起こす仮性アレルゲンとしても報告されています。

ナッツ間には共通坑原性があります。数多くのナッツに反応する例よりも一種類のナッツに単独で症状を起こすことが多くナッツに特異的なアレルゲンがあると考えられています。

ナッツ類はピーナッツとも共通坑原性があると言われています。ピーナッツ抗体が陽性で、ピーナッツに対してアレルギー症状が出た症例のほとんどは、樹木ナッツに対しては抗体陰性を示したと報告されています。

クルミはナッツのアレルギーの中でも最もアレルギー頻度が高い食品で原材料名の表示が推奨されています。

しかしながら表示されていない食品に製造過程で混入してしまい、アナフィラキシーショックを起こした症例や、クルミが入っていると知らずに摂取して症状が出てしまう事もありますので注意が必要です。

ピーナッツは呼吸器に症状が出る事もあります。鼻炎や喉内側の腫れや喘息が顕著に見られます。普段から喘息がある場合はピーナッツアレルギーの可能性があります。

喘息とピーナッツのアレルギーは関係が深いです。喉の内側の腫れは、最悪の場合気道をふさいでしまい窒息の危険もあります。

消火器、循環器の症状もあります。吐き気や強い腹痛、下痢が消火器の症状です。循環器の症状では血圧の低下や呼吸困難を伴い顔色が青白くなることがあります。

これらの症状が起こる確率は高くありませんが、起こってしまった場合、かなり強いアレルギー反応と言えます。注意深く経過を観察して病院へ急ぎましょう。