カテゴリー別アーカイブ: ナッツ、木の実

落花生

ピーナッツ■落花生とは

落花生は、マメ科ラッカセイ属の一年草で、別名では南京豆と呼ばれます。英語では一般的に呼ばれる「ピーナッツ」と呼ばれます。

地中で実を作ることから「落花生」といった名前がつきました。

続きを読む

松の実

松の実

■松の実とは

松の実は、マツ科マツ属の植物の種子の胚乳の部分で食用となっています。

「松の実」というよりは、「松ぼっくり」と言う方がしっくりくるでしょう。

松ぼっくりのあのとげとげしたものを食べるのではなく、中にある小さな実を食用として食べるのです。

続きを読む

マカダミアナッツ

マカダミアナッツ

■マカダミアナッツとは

マカダミアナッツはヤマモガシ科の常緑樹で直径2cmほどのものをマカダミアナッツといいます。マカダミアナッツは食用として使われています。

マカダミアという名称はこれを命名したドイツ出身のオーストラリア植物学者が友人のイギリス出身のオーストラリア科学者の名前をラテン語風にしたもの言われています。

続きを読む

ヘーゼルナッツ

ヘーゼルナッツとは

■ヘーゼルナッツとは

ヘーゼルナッツは、カバノキ科ハシバミ族の落葉低木の果実で、食用に提供されるナッツとして、流通している代表的なナッツといえます。
カバノキ科の低木である「セイヨウハシバミ」の実が主な栽培種です。

アーモンド、カシューナッツと並んで「世界三大ナッツ」と称されています。

続きを読む

ピスタチオナッツ

ピスタチオ

■乾燥と塩に負けない木、ピスタチオ

原産地は地中海沿岸で、この辺りは海が近いので海の塩分で農作物や植物にはあまり好ましい環境ではありません。しかしピスタチオは一定の塩害がある場所でも生育し、乾燥した土にも負けない強い植物です。

続きを読む

ピーカン

ピーカン

■脂肪分たっぷりのバターの木、ピーカン

クルミ科の落葉高木で、ペカン、ペカンヒッコリーなどとも呼ばれています。アメリカ中西部からメキシコ東部が原産で、アメリカ合衆国テキサス州の州木として親しまれています。脂肪分の多いナッツが取れることから、「バターの木」と呼ばれています。

続きを読む

蓮の実

蓮の実

■蓮の実の実る様子から名前が付きました

スイレン科の多年草である、ハスの花托(茎の厚くなった、そこから花が育つ部分)から取れる種子のことです。世界の熱帯・温帯地域に広く自生しており、沼や池、水田で栽培されています。

続きを読む

大豆

大豆

■唯一栄養素が肉とほぼ同じ

大豆は世界中で農作物として栽培されており、日本には縄文時代から大豆があったという大豆の記録が古事記に記載されています。

大豆種子にはにがみ成分のサポニンが多く含まれているため人類の主食にはなっていないものの植物の中では唯一肉に匹敵するだけのたんぱく質を含有します。

続きを読む

西瓜の種

西瓜の種

■西瓜の種について

西瓜の種は食べる人と食べない人に分かれます。
「西瓜の種を食べると虫垂炎になる」という話もありますが、中国では食材として扱われていて、炒って食べる文化があります。かぼちゃの種も同じようにして食べます。
種を食べるために種が大きくなるよう品種改良したスイカも存在します。

続きを読む