マカダミアナッツ

マカダミアナッツ

■マカダミアナッツとは

マカダミアナッツはヤマモガシ科の常緑樹で直径2cmほどのものをマカダミアナッツといいます。マカダミアナッツは食用として使われています。

マカダミアという名称はこれを命名したドイツ出身のオーストラリア植物学者が友人のイギリス出身のオーストラリア科学者の名前をラテン語風にしたもの言われています。

歯ごたえはもろく、しっとりしていて味が淡白なのが特徴です。

■旬の時期

マカダミアナッツは6月から9月までの三ヶ月間が旬といわれています。

■マカダミアナッツの栄養成分

マカダミアナッツは100グラム中、脂質が76.8グラムだが、コレステロールは一切含まれていません。その反対に、最も多く含まれているのがパルミトレイン酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸で83%含まれている健康食品です。

脂質、タンパク質、炭水化物といった三大栄養素に加え、ミネラル、ビタミン、食物繊維、抗酸化物質を含み、食品から摂取しなければならない必須アミノ酸もすべて含んでいます。

コレステロールが一切含まれていないため、ダイエットにも効果的です。

他にもアロマやマッサージオイルとしても利用されています。

ハワイでは砕いたマカダミアナッツを非常用の照明に使う場合も稀にあるようです。

■マカダミアナッツの効能

パルミトレイン酸の効果で血管強化や脳卒中予防、コレステロールや中性脂肪の減少などがあります。

他にもコレステロールの吸収を抑えたり、血液をサラサラにしたり血圧を下げるといった効果も見られています。

死亡率が高いといわれる心臓病の予防にも役立ちます。

■マカダミアナッツの形や色の特徴

マカダミアナッツは白く、平たい丸い粒になっています。

■代表的なレシピ

パーム油と食塩で味付けしたり、チョコレートで包んだり、砕いてクッキーやケーキの材料にしたりすることができます。

マカダミアナッツはお菓子に用いられることが多いです。