落花生

ピーナッツ■落花生とは

落花生は、マメ科ラッカセイ属の一年草で、別名では南京豆と呼ばれます。英語では一般的に呼ばれる「ピーナッツ」と呼ばれます。

地中で実を作ることから「落花生」といった名前がつきました。

■旬の時期

落花生の旬の時期は10月から11月といった短い期間になります。

■落花生の栄養成分

落花生は脂肪分とタンパク質が多く含まれています。脂肪分は45%と多めだが、ほとんどが不飽和脂肪酸のため、コレステロール低下に役立ちます。タンパク質は必須アミノ酸を8種類も含んでいるのです。

そしてカルシウムが100グラム中150ミリグラム含まれており、高たんぱくなエネルギー食品のため、食べすぎは注意が必要です。

■落花生の効能

落花生には多くの効能があり、まずは心臓病。落花生にはレスベラトロールが豊富に含まれているため、予防につながります。

次にコレステロールダウン。レスベラトロールとオレイン酸の効果で肝臓での悪玉コレステロールの代謝を助ける効果があります。
その他にもにきび予防にも効果があり、落花生に含まれる油は不飽和脂肪酸がほとんどなので体に悪いものもなく、にきびができるといったこともほとんどありません。

記憶力がアップしたり、肝臓の負担を減らしたりなど、さまざまな効能があるのです。

落花生の中にはビタミンB群の中にナイアシンが大量に含まれており、この物質が肝臓でアルコール代謝を助ける働きがあります。

薬効としては、高血圧、動脈硬化、冷え性、老化などに効果が見られています。

ビタミンEは老化防止や若返りの効果があるので高齢者の強い味方になります。
そして赤血球を増やし、細胞を丈夫にするといった働きが知られています。

毎日落花生をほどよく食べると肌の色艶が増し、美容効果にも期待ができます。

■落花生の形や色の特徴

黄土色の瓢箪のような殻をしていて、茶色の皮に包まれています。

■代表的なレシピ

落花生はおかきのようなお菓子に使われることが多いです。もちろんそのまま食べてもおいしいです。